ひみこの歯がいーぜ
って何!?

よくかむことはこれだけのいいことがあります

「食」は人生の大きな楽しみです。
よくかむことは、単に食べるだけでなく、全身を活性化させるために重要です。
弥生時代は現代人よりも硬い食物を食べていたようです。
噛む回数も多かったと考えられます。
一口30回噛みましょう。

肥満を防ぐ
満腹を感じ、食べ過ぎない

味覚が発達する
食材の風味を味わえる

言葉がはっきりする
アゴの骨や筋肉が鍛えられる

脳が発達する
ボケを防止する
脳の血液循環も良くなる
脳の進化は食べることにあり、脳を刺激するには咀嚼が重要

歯の病気を予防する
よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにする
唾液は再石灰化を進め、ムシバになりかかった歯の表面を元に戻す
噛むことにより、歯を支えている骨の新陳代謝をすすめる

ガンを予防する
唾液の中のペルオキシダ−ゼは発癌物質の作用を消す

胃腸の働きを助ける
唾液の中のアミラーゼの分泌を促し、消化を助ける

全身の体力が増す
力が出る
スポーツにパワーアップ

和食中心の栄養のバランスの取れた食材
「まごたち(わ)やさしい」

トップ
戻る

 :まめ(納豆、味噌、豆腐)

 :ごま(木の実)

 :たまご

 :チーズ(牛乳、乳製品)

 :わかめ

 :野菜(緑黄色野菜)

 :さかな(さんま、いわし、さば)

 :しいたけ(きのこ)

 :いも(さつまいも、じゃがいも)

かむことは健康の入り口だ