◆ 当医院で使用する口臭測定器(BBチェッカー)の特徴◆

口腔内ガスと呼気ガスによる口臭有無の判定と、その主要な口臭成分とされる揮発性イオウ化合物(VSC)をはじめとして他の生体ガス成分の総量を科学的に分析、測定いたします。
小型でありながら大学病院等にしか設置されない大型のガスクロマトグラフィーと同等の性能を有しており、半導体ガスセンサーにより、より高い測定精度を確保します。
測定結果はすぐにプリントアウトされます。



◆ 口臭測定当日のご注意◆

1) 前日よりニンニクなど、ニオイの強いものを食べないで下さい。
2) 2時間前からは飲食とタバコは控えて下さい。(水はよいです)
3) ブレスケア製品(口臭対策のスプレー、グミ、ガム等)を使用しないで下さい。
4) 香水等を、使用しないで下さい。
5) 前日の飲酒はお控え下さい。
6) 測定日の歯磨きは、歯磨き粉を使用しないで下さい。

◆口臭は同じ人でもその時のコンディション等で、度合いが変化するものです。なるべく通常通りの生活のままで、測定に臨んでください。そのほうが「ふだんのお口のニオイ」の状態を測ることができます。

◆また、結果を気にされて、特別に何度も歯磨き等のブレスケアをされてから測定に臨まれる方がいらっしゃいます。その場合は「普通の状態」というより、「一番息がきれいな状態」の測定結果となります。
口臭治療
お口のニオイ、気になりませんか?
口臭の原因物質は揮発性硫化物(硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド)です。
口臭の原因
お口のニオイの治療
お口のニオイの測定
お口のニオイが気になったら、お気軽に測定してみませんか?
最新の半導体ガスセンサー方式による口臭測定(1回1050円)
トップ
戻る

● 生理的口臭
起床時、食後、空腹時、疲労時、緊張時、加齢による口臭は誰にでもあります。唾液不足が直接的原因です。舌後方部の舌苔にバクテリアがとりついで腐敗を起こし、揮発性硫化物を産生するためにおこります。
女性の生理時の口臭はホルモン分泌の変化が原因です。

● 飲食物・嗜好品による口臭
ネギ、ニンニク、たんぱく質、砂糖、コーヒー、ジュース、アルコールを多く摂取する食習慣や喫煙習慣

● 病的口臭
歯周病による口臭、むし歯による口臭、義歯に不潔、唾液分泌減少。副鼻腔炎、扁桃炎

● 薬物による口臭
薬物の副作用による口臭(抗アレルギー剤、吐き止め、降圧剤、筋弛緩剤、向精神薬)
唾液分泌が薬の副作用で抑制されます。

● 歯磨き剤の中の成分による口臭
界面活性剤のラウリルサルファナトリウム

● 自臭症
客観的に口臭はほとんど認められないのに、相手の態度、様子から深く悩んでしまう。

ニオイの原因はさまざまです。お口のトラブルだけではなく、体の病気からくるニオイが口から出ている場合や、ニオイがひどいわけではないのに、ご本人がそう感じてしまっている場合もあります。


★ 口臭測定器及び官能検査による口臭測定をします
★ 口腔状態の確認と、プロによる口腔清掃をします
★ 口臭改善のためのカウンセリングをします
★ 日常のセルフケアー及び生活習慣に対する支援、食生活指導をします
★ マウスウォッシュ、オーラルリンス等を用いた治療をおこないます
★ 口腔機能回復のトレーニングをします

:口のニオイの強さは、一日中同じですか?

:一日の生理的口臭の変動は以下の通りです。
  起床直後は口臭が一番強いです。睡眠中は唾液の分泌が少なく、
  口の中に汚れが残っている場合は、口臭の原因物質が産生されます。
  朝食と歯磨きによって、口臭は減少します。それは唾液分泌が多くなる事と、
  汚れがなくなることによります。昼食前になると口臭がまた強くなります。
  昼食と歯磨きによって口臭は減ります。夕食前になるとまた口臭が強く
  なります。夕食と歯磨きによって口臭は減少します。口の中に食物が
  入ったり、唾液分泌が減少したり、歯磨きが不十分の時に口臭は発生
  します。

Q&A