お母さんと赤ちゃんの
歯の健康

お母さんと子供の歯を守ろう、丈夫な歯をつくろう

妊娠中のママの歯

: なぜ妊娠すると歯がボロボロになるの?

: カルシウムが赤ちゃんに取られたからではありません。
   骨と違い、歯のカルシウムは出ていきません。その理由には

    ・つわりのため、歯磨きが充分にできないため
    ・食事の回数が増えるが、そのつど歯磨きをしないため
    ・妊婦は歯ぐきから出血しやすくなるので歯磨きを簡単に
     終えてしまうため
    ・出産後、子供に手がかかり、自分の歯磨きに時間を
     かけられないため

   などが挙げられます。

: なぜ妊娠すると歯ぐきから出血しやすくなるの?

: 女性ホルモンの影響です
   歯科医院での歯石やプラークの除去や正しい歯磨きで
   予防できます

丈夫な赤ちゃんの歯のために

・歯の形成期(妊娠初期)にバランスの良い食生活をしましょう
・カルシウム、リン、ビタミンA.C.Dだけではだめです
・歯の基質のための良質のたんぱく質が不可欠です

硬い歯をつくるには

・歯科医院でフッ化物を歯に塗布してもらう
・間食の回数を減らし、砂糖の量も控える
・歯科医院でのプラークコントロール

トップ
戻る

お口の中の細菌と赤ちゃんへの影響

お母さんのお口の中に虫歯歯周病があると、お口の中には有害な細菌などが常に住みついている状態になります。その細菌が血液の流れに沿って、へその緒から赤ちゃんの体内に入ってしまうと、早産低体重児出産の原因となってしまいまうことがまれにあります。結婚が決まったら、必ずお口の健康診断を受けましょう! 赤ちゃんと家族の幸せのためにも。